事業計画の構成要素とは?①

チェスの戦略イメージ

『値決め ✕ 資金調達の専門家』せんぼんです。

事業計画の必要性については過去の記事において述べましたが、本日は事業計画書の構成要素について触れたいと思います。

一般的に事業計画書の構成要素は、次の様になります。

  1. 経営理念
  2. 経営目標
  3. 経営戦略
  4. 経営課題
  5. 機能別の戦略
  6. 収支計画
  7. 投資計画
  8. 行動計画

字面だけ見ると非常に難しそうに見えるので尻込みしてしまいそうですが、各要素の説明を聞けば当然書くべき内容とご理解いただけると思います(全般的に経営用語は語感があまりソフトではないのですが、言葉の“雰囲気”に飲まれない様にしましょう)。

1.経営理念

経営者の考える、経営に対する基本的な考え方のことです。表現を変えると、会社の方針・哲学・行動原理・思想・あるべき姿・・・などの表現になります。経営者の思いを、利害関係者(お客様、従業員、等)に対するメッセージとして表現するものです。非常に重要なメッセージであり、決して会社案内やホームページのお飾りではありません。

従業員の採用においても、理念に共感する人だけを採用し、理念に合わない人は採用しないという事も必要です。理念が組織の文化を作り上げる「核」になりますので、時間が掛かっても納得がいくものを作らないといけません。また「理念」ですから、毎年コロコロ内容が変わってはいけません。

2.経営目標

会社の中長期目標(概ね3〜5年位)、短期目標(1年)です。数字で表せるもの(定量的)、数字で表せないもの(定性的)、に分かれます。例えば5年後の会社の姿として、売上規模・利益レベルを設定したり、店舗数、顧客満足度、特定分野でナンバーワンになる・・・など様々考えられます。経営理念が抽象的なのに対し、経営目標は具体化したものになります。

3.経営戦略

会社の置かれた環境や内部事情を考慮した上で、どう戦うかの方向性を定めるものです。そこで大切になるのは、ターゲットとする顧客は誰なのか、その顧客に何を提供するのか、どのように提供するのか、を明確にすることです(「戦場の明確化」「戦う土俵選び」と言っても良いかも知れません)。

経営戦略を定めるには状況を見極める目が必要なのは言うまでもなく、経営者の腕の見せどころです。顧客のニーズ見極め、ライバル会社の行動の見極め、時流の見極めなど、「策士」に成らなければいけませんね。また、強い相手とは正面切って戦わないことも大事であったりします。

4.経営課題

戦略で戦う方向性を決めた後に、自社の弱いところの補強や、他社より優れた部分に磨きをかけることなど、様々な課題が見つかると思います。これらは経営課題としてリストアップして、取り組まなければなりません。例えば、日本人相手の温泉宿が、新たに外国人観光客を取り込みたい場合にどうするか。外国語がわかる人材を確保することや、温泉街全体で協力する体制構築も必要かも知れません。

まずは1〜4番までご説明しました。5〜8番は次回にご説明します。

よかったらシェアお願い致します!
  • URLをコピーしました!
目次