Q. 物流改善の観点を知りたいのですが?

どのような活動でも同様ですが、「目的」をまず明確にしないと活動は方向性を見失ってしまいます。それは物流改善活動においても同様です。物流改善に着手する前に、まずは改善目的を明らかにしましょう。

目的は3つの観点で考えます。

それは、品質・コスト・納期、の3つです。
英語ではそれぞれ、Quality、Cost、Deliveryとなり、その頭文字を取って「QCD」と呼ばれます。生産管理で良く使われる用語ですが、物流管理においても同様に使われます。

QCDの具体例を挙げますと、
品質=出荷の品質 →誤出荷を減らす、クレーム件数を減らす
コスト=物流コスト →保管コスト・輸送コスト・作業コストを減らす
納期=リードタイム →受注処理時間、出荷作業時間、輸送時間の削減
などになります。

ただし上記の目標は数値化して、改善達成度を計測できるようにします。例えば誤出荷ならその発生率を何パーセント以内に抑えるべきか、あるいはリードタイムの達成率を出荷明細行単位でカウントして何パーセント以内に収めるか、等を決めておく事です。
達成度が計測できて、はじめて物流改善の成否が分かるからです。

Follow me!