Q. 「物流ABC」とは何でしょうか?

物流コスト計算方法の一つです。

物流ABCとは、Activity Based Costingの頭文字を取ったもので、日本語では「活動基準原価計算」と呼ばれています。
物流倉庫で行われる物流作業には、ピッキング・流通加工・梱包・検品など、様々な作業要素がありますが、これらの作業要素は「アクティビティ(=活動)」と呼ばれています。活動基準原価計算とは端的に言えば、これらのアクティビティごとのコスト単価を算出する事です。

物流ABCの目的は、

・顧客別の物流費の算出
・作業効率の改善
です。

実際に算出するアクティビティごとの単価とは、例えば、
・ピッキング1ピースあたりのコスト=5円
・一梱包あたりのコスト=100円
といったものです。

これら単価算出の手順は下記の様に行います(人件費の場合)。
(1)各アクティビティごとの作業時間を計測する
(2)作業に要した総人件費を、アクティビティごとの作業時間比率で按分する
(3)アクティビティごとのコスト(2)を、処理数(たとえばピッキングピース数)で割り算する
また、人件費以外のコストについても、それぞれ適切な按分方法で上記に倣って算出します。

顧客別の物流費計算は、ある顧客の出荷に掛かる作業工数に対して、アクティビティ単価を掛けて算出します。ここで得られたコストと売上(または粗利益など)と対比すれば、顧客ごとの採算性がわかり、過剰な物流作業やサービスが行われていないかをチェックできます。
また作業効率については、標準作業時間と計測した作業時間とを比較する事で、効率の善し悪しをチェックできます。

なお、中小企業庁のホームページでも物流ABCについて説明がありますので、ご参考にして下さい。

Follow me!