金融機関とどのようにお付き合いすれば良いですか?

流通経営アドバイザーの千本(せんぼん)です。

融資は受けているものの、普段から金融機関担当者と会う機会が少ないという経営者の方も多いことでしょう。しかし今後、いつ借入が発生するとも限りません。そうした急な資金需要に備えて、日頃から金融機関との関係は良好にしておきたいものです。

金融機関が企業に融資する際に必要なのは、企業の経営状態に関する情報です。

当然、経営状態は時間と共に変化するもの。あなたの会社の近況が定期的に金融機関に伝わっているならば、融資も受けやすくなるでしょう。できれば定期的に金融機関への報告機会を作って、顔を合わせて話をすることをお勧めします。

一般に、人は1回だけ会って長時間話しをする人より、たとえ短時間であっても何度も顔を合わせる人に対して親近感をより感じるものです。何度も会って親しくなってくれば、良好な関係が構築されて金融機関の応援も受けやすくなってくることでしょう。

 

事業計画作りに困ったら・・・

事業計画は1人で作るより
当社の専門家と2人3脚で!
計画の有効性を高め、
時間と労力の節約にもなります。
ご相談はお気軽にどうぞ。